英語教育・語学教育で英語検定にとって変わりつつあるTOEIC。より実際的な英語力が求められるTOEIC。

語学の資格ガイド 英語検定にとって代わるTOEIC
語学の資格ガイド 英語検定にとって代わるTOEIC

語学の資格、英語検定にとって代わるTOEIC

最近では一部高校でもTOEICのスコアを導入しているようです。
以前は中高と教育業界で英語の資格といえば英語検定が主流でした。
級認定形式で、各学年に対応した級を取ることを目的にしていた人も多いと思います。
この級認定、英語検定以外の主要な検定とも基準が同じでしたので、ある意味便利な代物でした。
例えば英語検定でも漢字検定でも数学検定でも中学三年生でしたら3級。3級という数字は中学生の中での一つの基準だったわけです。
そのため、高校側も入試の優遇措置や加点としてそんな3級を分かりやすい基準として重宝していたわけです。
進学校の中には3級ではなく高校相当の級を基準としているところもあります。


しかし最近のトレンドを見ていると、英語検定はそれなりに効力を持ちながらも、実際的な英語力をもとめる学校はTOEICの方へシフトしているように見えます。
“実際的”という言葉がすべてでしょう。というのも、英語検定には二つの弱点があるからです。
まず一つに、試験内容が国際的な基準に即していないということ。3級から二次試験として口述試験が必須となっていますが、その内容があまりにも簡単。というよりも、いわゆる日本英語といったゆるいものと言うべきでしょうか。
もちろん級が上がるにつれて難易度も内容もまともになってきますが、少なくとも3級や準2級程度であれば口述試験として国際基準の英語、つまり実際にコミュニケーションとして使用できるものにはなっていないということです。
日本の英語教育が抱える問題とリンクしていると言ってもいいと思います。
そして二つ目に、こんな状況だからかどうかはともかく、英語検定が外国法人には一切使えない、ということがあります。
留学する際にも、外資系や外国企業に就職する際にも、英検を持っていることに一切の意味はありません。こういった背景で、より実際的なTOEICが英検に代わり英語資格・語学資格の主流になってきたのだと思います。
おそらく、これからもっとTOEICのスコアを導入する学校は増えてくるのではないでしょうか。

話題になっている語学についての話はここのサイトがおすすめですよ

Copyright 2017 語学の資格ガイド 英語検定にとって代わるTOEIC All Rights Reserved.